小形風力発電のメリット

小形風力発電にはこのようなメリットがあります!

高収入

高収入電気の買取価格55円、
利回り10%以上

安定収入

買取期間20年間

節税対策

特別償却(初年度50%) などの優遇税制

低投資・低規模

設置面積が小さく、投資を抑えることが出来ます。

土地付き風力発電のメリット

土地がなくても弊社がご用意した物件に投資できます。

環境にやさしい

地球温暖化対策として環境への社会貢献につながります。

固定価格買取制度

固定価格買取制度とは、再生可能エネルギー(太陽光、風力、中小水力、地熱、バイオマス)により発電された電気を、一定期間・一定価格で電力会社が買い取ることを義務づけた国の制度です。小形風力発電の買取価格は55円/kwh(税抜き)です。これは固定価格買取制度の中で、最も高い価格で、最も優遇されています。

■太陽光発電の比較

■平成27年度の価格表(調達価格1kwhあたり)

作った電気が売れる風力発電には、大きくは①陸上風力(20kw以上)②陸上風力(20kw未満)③洋上風力(20kw以上)の3つがあります。 小形風力発電は②陸上風力(20kw未満)の事を言います

※洋上風力とは建設及び運転保守のいずれの場合にも船舶等によるアクセスを必要とするもの。

■売電見込

※平成27年度FIT買取価格:風力発電20kW未満=55円/kWh

■年間想定売電量と売電金額

→ 風速別 年間想定売電量と売電金額(C&F社製19.5kwシステムの場合)。

生産性向上設備投資促進税制

生産性向上設備投資促進税制とは、2014年1月に新設され2017年3月末まで適応される税制です。これに風力発電は適応せれており、特別償却(初年度50%)または税額控除(4%)を受けることが出来ます。

■生産性向上設備投資促進税制例

申告所得が、2000万円で風力発電19.5kWシステム2900万円の50%特別償却を選択した場合

土地付き小形風力発電

■土地付き風力発電とは

土地付き風力発電とは、風力発電に適した広大な土地を区画分けして販売することです。投資家様には、その区画分けした1つの土地に投資していただき発電オーナーになっていただきます。

■土地付き風力発電のメリット

高利回り

高利回り12%超え、しかも安定した20年間の収入を得られます。

土地探しの手間なし

風の良い土地を探さなくても投資できます。
弊社が代わりにお探しいたします。

節税対策

青色申告をしている法人・個人の方で新しく設備に投資する際に税制優遇を受けれます。

販売物件紹介

セミナーにご参加頂いた方のみ、先行して販売物件をご紹介いたします。

売電開始までの流れ

ご相談から売電開始までは約6〜7ヶ月です。

1ご相談・お問合せ

お客様より相談を受け、要望に適したプランを提案

↓

1提案、見積り

【土地所有者様】現地調査を行いシミュレーションと見積りを提出
【投資家様】物件案内を行いシミュレーションと見積りを提出

↓

1契約

電力会社への届け出など、お客様の不明点をサポート

↓

1申請手続きの代行、説明

電力会社と事前に協議して連携申込書を提出
(経産省への設備認定の申請も同時申し込み可能)

↓

1系統連系

システム設置完了まで

↓

1工事開始

電気を電力会社に売るための契約立ち会い

↓

1売電開始!

システム運転開始